スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっ、電通と提携? AppleがiAdサービスを国内で来年早々にもスタート!

いやー、久々のニュース更新となってしまいました。
iPadStyle贔屓になっていました。すみません。今回はメディアシフトの話。

2010年7月1日に米国で先行スタートしたiAdサービスは、発表時より既に6,000万ドル以上のセールスを獲得し、その好評さをJobsがアピールしたアプリ内広告のサービス。

それが来年早々にも日本国内で開始されることとなった。パートナーは電通。窓口実務は電通子会社のサイバーコミュニケーションズが担当するとのこと。
iAd×電通

ちょっと以外というか、このニュースを聞いてもう少しベンチャースピリット溢れるパートナーを選んで欲しかった、という印象を抱く方は僕だけではないだろう。。。

Appleのイメージはそもそもクリエイティブ溢れ、サプライズな期待を内包している。iPhoneでもドコモを選ばずソフトバンクと組んだりしたのも記憶に新しい。(まぁ、そのお陰でiPhone回線切断問題に苦慮することとなっているが。。。)

そういった意味で、何か未達成な感じがするニュースだが、いずれにせよ、これで一層4大メディアからの広告シフトが加速するトリガーが引かれることは違いない。

サイバーコミュニケーションズ

因みに、その当のサイバーコミュニケーションズが発表している「iPadユーザー動向調査」の結果、なんとiPad接触時間はテレビを超え媒体1位となったそうだ。女性ユーザーが40%もいる結果にはビックリ。購買意欲も高い層なのだそうだから、来年はますますテレビ広告営業受難の年となり、メディアシフトが進むと思われる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。